ホームセンターを利用して自分ならではの空間を作り上げる

家具のミニチュア

インテリアは生活を豊かにする

単に生活を送るだけなら、家具なんて安いものを揃えれば良いです。しかし、人間生活をしていると、機能性や、値段の安さだけでなく、心地よさも求めるものです。
インテリアにおけるソファやロールスクリーンなどはその快適さを実現するために必要とされています。ホームセンターや通販で簡単に購入することができるので、その家や生活に合ったインテリアを探していきましょう。

室内

イメージを明確にする

インテリア選びでは理想とする部屋のイメージを明確にしておくことが大切です。雑誌やインターネットを参考にしても良いので、できるだけ詳細なイメージを持つことで、理想のお部屋づくりに近づきます。
また、女性に人気のある白を基調としたフレンチカントリーなお部屋が理想なら、ドールハウスといったミニチュアでもレイアウトイメージを作る事が可能です。

部屋

費用とスペースを確認

イメージが固まったなら次は予算とスペースの確認です。家具を探す際に、想定より大きな物を揃えて今うとゆとりが無くなってしまいますし、利便性も悪くなります。費用に関しては新品にこだわらないのであれば、カリモク家具のような質の高い商品をアウトレット価格で購入する事も可能ですので、いくつかの店舗を回りじっくり検討しましょう。

一人暮らしの活用術

インテリア

ソファやベッドを設置したらスペースがなくなってしまった

脚の付いたベッドであれば、ベッド下も収納スペースとなります。狭いスペースに対応したボックスもあるため、衣類や小物などを分けて収納することも可能です。

キッチンスペースが狭く物が溢れてしまう

キャビネットシェルフを利用することで、縦のスペースを有効利用できます。サイズの違う食器や調理器具などは、かさばりがちです。しかしシェルフを使用し段ごとに仕分けすることでスッキリと収納できます。

玄関先に小物をおいてしまう

帽子やカバンなどはメッシュパネルを壁に取り付けることで収納できます。玄関などの狭いスペースでも、引っ掛けることのできる、アクセサリーや帽子などはメッシュパネルを壁に沿って取り付け、そこに引っ掛けることでオシャレに片付けましょう。

家具選びの豆知識

スペースと予算を確保し理想的な空間をつ来るための知識を蓄えたならいよいよ家具選びです。木材を使用した多くの家具は、無垢材家具と突板家具という2つのタイプにわけられます。普段聞き慣れない言葉ですが、こういった知識も家具選びの際に役立ちます。

タイプで分ける家具の特徴

無垢材家具

木その物を加工して作成される家具を無垢材家具と言います。頑丈で重量感の有るものが多く、長い期間使用することができます。また試用期間が長くなると経年変化により独特の色味になることも特徴です。

突板家具

シート状に加工した木に別の土台となる素材とくっつけたものが突板家具と呼ばれます。こちらは傷ついた際表面が剥がれる事もありますが、比較的安価で軽い家具が多くなります。その為、無垢材家具より費用を抑え木の風合いを楽しむことができます。

ロールスクリーンを取り付ける

広告募集中