ホームセンターを上手く活用して自分の空間を作る

自分でオシャレな空間づくり

家具やづくりやリフォームなど自分でできる範囲は自分でやりたい。そんな方にオススメなのが、専門家に任せず自分でやるDIYなのです。

個人と業者それぞれのメリット比較

自分でやる

ホームセンター等で材料を仕入れ、自身で施工することで費用を安く押さえることができます。多少仕上がりが悪くてもそれが愛着となることもありますし、家族や友人と協力することに楽しみを感じる方はDIYをオススメします。

プロに頼む

時間がない方や不器用で自身のない方は業者に頼むのが良いでしょう。DIYと比較して金額は高く、デザインの幅も狭くなりますが、その分、プロの品質で安心できる仕上がりになります。

ホームセンターを上手く活用して自分の空間を作る

インテリア

材料の入手

DIYを始めるにあたって木材のを購入できる場所はいくつか有ります。ホームセンターや木材店のほか、最近ではDIY専門店なども存在しています。ネット通販での購入も可能ですが、初めのうちは店舗に足を運び、自分の目で確かめるほうが良いでしょう。

部屋

悩んだときはホームセンターがオススメ

材料選びに迷ったら、お近くのホームセンターに行くことをオススメします。ホームセンターでは材料や道具をまとめて揃えることができ、自分のイメージを店員に相談できるというメリットがあります。

インテリア

サービスを上手く利用しよう

店舗によっては木材のカットサービスや車まで運ぶためのカートの用意や配送サービスなど、購入者の為のサービスが有ります。自分での木材カットだけではなく、店員にカットをお願いできる店舗もあるので事前に図面を確認するなどして賢く利用しましょう。

ホームセンターで購入可能!DIY初心者へおすすめの工具ランキング

室内
no.1

電動ドライバー

何を作るのにも必要な電動ドライバーがオススメ1位となります。通常のドライバーではなく、電動のものを使うことで大幅な時間短縮になるだけではなく、ストレスの軽減や体力の消費も抑えられます。

no.2

インパクトドライバー

電動ドライバーと違い、強い力で押し込みながらネジを締めるのがインパクトドライバーの特徴となります。木材が割れる可能性は有るものの、下穴を開けずに使用できる為、時間のない時に重宝します。

no.3

電動サンダー

木材の表面を整える際の面倒なヤスリがけを手でやるより簡単に行うことができます。。一部のホームセンターでは工具を貸し出している店舗もあるので、購入が難しい方はレンタルすることをオススメします。

広告募集中